函館・輸入住宅のことなら、セルコホーム函館

お客様の声

N様邸

想いを叶えたフレンチカントリーの家

白い窓枠が爽やかさを添える外観

さわやかなペールグリーンのラップサイディング、流麗なデザインのドア、年月を重ねるごとに風格を増していく伝統様式デザインの外観が印象的なN様邸。デザインや色、形など要望のほとんどは、奥様の意見を反映しています。

築20年の自宅の立ち退きを機に建て替えを行ったN様。奥様は、「以前住んでいた場所に家を建てる時に、何十年後になるかはわからないけれど、いずれ行われる拡幅工事の際には立ち退きになることを了承していました。前の家も輸入住宅風の外観デザインで、二度目に建てる家は輸入住宅と決めていました」と話します。「具体的な建築時期が決まっていない頃からモデルハウスを見学したり、住宅会社を調べたりしていました。担当の小池さんとの付き合いのきっかけは、オープンハウスでお会いし、その後に手紙を頂戴したこと。セルコホームさんで建てることを決めてからは、他社へは行かずにセルコさんの見学だけをしていました」と笑います。

家族みんながくつろげる場所

壁紙やカーテン、ソファのコーディネートも奥様の見立て

「人生二度目の家を建てるにあたりこのエリアを選んだのは、主人や子どもたちの通勤の便を考えてのこと。通勤時間も以前より短くなり、家族で過ごす時間が少しだけ長くなりました。ガレージは、車から降りて母屋に繋がる動線にしたことで、雨に当たることなく家に入ることができて便利です。主人の願いが叶った形ですね」と奥様。2台収容のガレージのドアはオーバースライダーになっており、開閉がスピーディーで音も静かです。

「玄関ドアはどうしても観音開きのものにしたくて、カタログはもちろんインターネットなどでいろいろと探しました。紆余曲折あり、金モールの優美な装飾のこのドアに決まりました」。
足触りが柔らかく心地良いパイン材の床、空間がぐっと引き締まるロートアイアンの階段手摺、格調高い雰囲気を醸し出す壁紙など、デザイン性の高い設備や小物が暮らしを華やかに彩るN様邸。家族みんなが気持ちよく過ごせる空間ができました。

ぶれない軸を持つこと

オーダーした白いベッドはシックな寝室にぴったり

デザインや設備などの大きなことから、コンセントの位置など細かなものまで様々な決め事が多い注文住宅。シャンデリアや洗面ボウル、水栓類、スイッチ類などは奥様が選定し、ネットで購入した施主支給品。壁紙はN様のお知り合いの業者さんから、カーテンは壁紙に合わせチョイスしました。パイン材のセンターテーブルやダイニングセット、ベッド、ナイトテーブルは、オーダー家具の製作を行っている家具工房へ注文したそうです。「本州から北海道へ家具を取り寄せると驚くくらい高い送料が掛かりますが、同じ道内なので送料も安く、当初予定していた家具の半額程度の価格に収まりました」。「我が家の場合は、家にいる時間が一番長い私がメインで決めていきましたが、理想の住まいのためには自分たちの考えをしっかりと持つことだと思います」と奥様。何もかもを業者まかせにするのではなく、自らも勉強し、想いをきちんと伝えることが大切だと教えていただきました。

(取材日/平成27年6月中旬)

» お客様の声一覧へ戻る