函館・輸入住宅のことなら、セルコホーム函館

お客様の声

K様邸

縁でつながった家づくり

見る人を魅了するおしゃれなデザインの外観

質感や色の違いによって多彩なニュアンスを表現するレンガを用いた、風格ある佇まいのK様邸。アプローチまわりやカバードポーチ、窓枠に白を効果的に配置したことで、端正なデザインがより際立っています。

以前住んでいた家に30年近く暮らし、売却したというK様ご夫妻。「建売住宅を購入し、一度も手をかけずにきたので家の老朽化もありましたし、寒かったり、使いにくい箇所が出てきたことで新しい家の検討を始めました。母がお世話になっている施設から近いこと、角地であることを条件に土地を探しました」と奥様。「なかなか希望するような土地が見つからずにいたときに、姉と一緒にセルコホームのモデルハウスを見学したのですが、家の雰囲気が気に入り、二人で“いいね、素敵だね”と話していました」と、デザイン性の高さに惹かれたと言います。その後、縁あってセルコホーム函館の建築条件付きの土地が見つかり、そこからの家づくりはスムーズだったと振り返ります。

世界に二つとない小物がよく似合う空間

キッチンとリビングの天井仕切り壁には雑貨が整列

室内を彩るトールペイント作品は奥様の手作り。もともと雑貨などをディスプレイすることが好きだったそうで、数年前に近所の方にトールペイントを教えてもらってから徐々に飾るものも増えていったと話します。「カントリー風の小物が好きで、以前から自分で作ったものなどを飾っていました。今の家に引っ越してすぐに娘のお産のお手伝いなどがあり、家の片づけと重なったこともあってバタバタしていました。いずれ時間が出来たら再開したいですね」と笑います。

年月とともにその味わいや風格を深め、見る人を魅了するデザインが輸入住宅の魅力のひとつ。「以前住んでいた家の外壁に雨だれがシミや汚れとなってしまい気になっていました。レンガ外壁にこだわったのは、そういった煩わしさがないから」という奥様。重厚感と高級感があり、紫外線や雨風に対して耐久性が高く急激に劣化していくことがなく、メンテナンスの必要がほぼない外壁材に満足していると言います。

気軽に相談できる心強い担当者

白を基調にした室内にアイアンのカーテンレールや吊り下げ照明がよく似合う

家のどこにいても均一な暖かさのK様邸。「炎が見えない暖房器具なので初めは物足りなさを感じていましたが、操作に慣れた今は快適。断熱が良いので、あまり使用していない2階のパネルヒーターは最小運転です」。

思ったことや気になることは気軽に相談できたという奥様。「家のプランニングをしていた当時放映されていた連続テレビ小説でタイルが出てくるシーンがあって、似たような感じに仕上げたいと相談しました。おかげさまで思った通りのキッチンができました」とにっこり。毎日使うキッチンはいつも清潔にしておきたいもの。タイルを採用したおかげで、見た目の美しさだけではなく、手入れが楽だと言います。「入居して2年ほどになりますが、家が完成して終わり、という訳ではなく、今はニッチのことで相談にのっていただいています。地元の会社だということもあり駆けつけも早いし、対応も丁寧で安心」と話してくださいました。

(取材日/平成29年11月上旬)

» お客様の声一覧へ戻る