スタッフブログStaff blog

2019.03.16

佐々木 晃喜
佐々木 晃喜

輸入住宅 メリット & デメリット

佐々木です

海外映画では雰囲気あるお洒落なお家 "輸入住宅" 

みなさんも目にすることはあると思います。

男女問わず憧れる方も多いのではないでしょうか?

今日は、輸入住宅とはどんなお家か

その魅力や実際の姿についてご紹介したいと思います。

3g_pic[1].jpg

輸入住宅とは!?

輸入住宅の定義ってなんだろう?という事で

検索してみると

"輸入住宅産業協議会"の文面に

「海外の設計思想による住宅」を

「資材別またはパッケージで輸入」し

「国内に建築する住宅」が輸入住宅とされていました。

海外の設計思想!? 輸入住宅らしさ!? どんなものでしょうか。

ヨーロッパや北米のデザイン・間取り・工法・素材を重視してお家を造る。

映画に出てくるようなお洒落な雰囲気が輸入住宅の魅力です。

その魅力とは!

・雰囲気あるデザイン

yjimageHC0UG2F1.jpg

(弊社施工事例:オールドイングリッシュ様式 / チューダー様式)

輸入住宅の魅力はデザインや素材そのものの素敵さ

そして高い住宅性能にあります。

外観デザインは、国により異なりますが

イギリスでは落地着いた雰囲気、クラシックな佇まいが主になっています。

海外では昔から家は新築するのではなく、住み替えるために売却したり、次世代に住み継いだりするのが一般的です。

150年前の中古住宅を直して住むなんてこともあるようです。

また、日本の様に古い家の価値が下がるのではなく、美しいデザインのお家は150年経っても価値を持つ様です。

洗練されたデザイン、伝統的な様式を守って流行に左右されない家を造る。

そこに輸入住宅の魅力があると思います。

インテリアも大切ですね。

建具や壁、窓廻りの装飾されたモールディングが雰囲気を引き立てます。

また無垢の床も素敵なものです。

28-2[1].jpg

輸入住宅

もう一つの側面!?

それは、住宅性能の高さにあります。

住宅性能の主なものは

耐震性・断熱性・気密性・耐火性・健康快適性があります。

そして本物の輸入住宅は2×4工法または2×6工法で造られ

北米・カナダの冬も室内を快適にする性能値の高い断熱材

気密施工、ファイヤーストップ構造、カナダでは日本の化学物質の基準の1/30を求められるなど、

日本の建築基準は既に満たされています。

寒い北海道、寒がりさんにはありがたい

心地よさを体感できるとっても良いお家ですよ!

実はデメリットも!?

・2×4工法にはリフォームの場合、間取りを変更しにくいというデメリットがあります。

この工法は、壁の力で強い地震から住む人を守るという工法であり、

むやみに壁を壊せないという側面があります。

selco_5[1].jpg

あとひとつ、輸入住宅は

1棟1棟が違ったデザインの外観となり

オンリーワンのマイホームが実現できますので、お打合せが劇的に楽しいです。

資材選びや、色決めなど大変な面もありますが

大切なマイホームの選択枝としては如何でしょうか?

おすすめですよ。