函館・輸入住宅のことなら、セルコホーム函館

お客様の声

M様邸

楽しく暮らせるデザインと間取り

北米アシュレイ社から取り寄せたソファーが良く似合うリビング

時が経っても色褪せることのない伝統的なデザインのM様邸。ラップサイディングの外壁にカバードポーチとウッドデッキ。屋内と外を緩やかにつなぐ、心地よい暮らしを愉しめる住まいです。
「セルコホームさんを知ったきっかけはインターネット検索。もともと洋風の家に興味があり、セルコホームさんの家の雰囲気は自分が建てたいイメージにぴったりでした」と奥様。
ご夫婦お二人とも地元函館にマイホームを建てたいと考えていて、数年前に何社かの住宅会社をまわったそう。「有名な住宅メーカーも3~4社行ってみましたが、その時は良い土地が見つからず、家のことはいったん中断していました」と話します。
その後、お子さんにも恵まれ、家づくり計画を再開、暮らしていて快適な、毎日が楽しくなる家を建てようと考えたそうです。予算の折り合いも付きスムーズに家づくりができたと話すM様ご夫妻。「自分たち好みの家だとテンションも上がるし、家事もはかどります」。

アーリーアメリカンスタイルの住まい

白を基調にした広々キッチン。落ち着きのある色のアイアンがアクセント

写真共有ウェブサイトの画像なども参考にし、家づくりを進めたM様ご夫妻。「ホームアドバイザーの佐々木さんとは好みが近く、薦めてくださるコーディネートが素敵で、女性ならではの視点もあり、とても頼りになりました。自分たちの希望を上手にまとめていただき感謝しています」と奥様。エイジング加工された無垢フローリングやシックなアイアン、白で統一した輸入建具など、細部まで造り上げた、甘くなり過ぎない大人可愛いお家に仕上がりました。
スイッチやコンセントの位置まで細かく決める必要がある注文住宅。「打ち合わせることが多すぎて、適当に決めてしまったり、時に軽く流してしまうこともあるのですが、長く暮らす大切な家のこと。面倒がらずに細かく伝えていくことが大切です」と家造りのコツを教えてくださいました。
「打ち合わせで、「無理です」と言われたことは無く、実現が難しそうなことは代替案や様々なアイデアをいただきました」と話します。

後悔が無い家づくり

白の輸入建具によく似合うエイジング加工された無垢フローリング

“忙しそうで聞きたいことも聞けなかった“、では暮らしやすい家は建たないと思うと話す奥様。「何組もの施主家族の担当を担うので忙しいとは思いますが、担当者に任せきりにせず、きちんと伝わっているか確認すること。注文住宅を建てるのは手間も時間もかかるけれど、心地よく暮らす家を建てるために欠かせない大切なこと」と話します。

特に色には気を使ったというM様ご夫妻。特に床材や木の色合いなど、なかなか言葉で伝わりにくいものは、ご夫婦で作った画像アルバムを掲示し、ニュアンスカラーのイメージを共有したという力の入れ様です。「細かく擦り合わせていただけて安心できました。セルコホーム函館さんにお願いしてよかった。佐々木さんが担当じゃなかったら建てていなかったかもしれません」と笑います。
高断熱・高気密の家で、GWには暑すぎて暖房を切ったという奥様。「住み始めて間もないので調節の仕方が難しいです。贅沢な悩みです」と話してくださいました。

(取材日/平成30年5月中旬)

» お客様の声一覧へ戻る