函館・輸入住宅のことなら、セルコホーム函館

お客様の声

K様邸

広々とした空間が魅力の住まい

空間を支える梁も素敵な印象

今なお異国情緒を感じさせる美しい街並みが残る函館。函館西部地区に建つ洋館のようなW様邸は、ブルーのラップサイディングにレンガを使用した端正で優美な外観の住まいです。

「以前首都圏で住んでいた家は在来工法の住まいでした。地元に戻ってくるのを機に、自分なりにいろいろと家のことを調べました。ハウスメーカーや建築家の人に話を聞いてみましたが、中々納得のいくものに出会えずにいたときに、セルコホーム函館のことを知りました」とW様。

街並みに調和する洋館を希望され、計画を進めたW様。「ここに暮らし13年が経過しました。素材の良さ、堅牢な構造のおかげで全体的に綺麗な状態を保てていると思います」と話します。無垢の室内ドア、上り框の天然木など、年月を重ねて生まれる唯一無二の味わいは、天然の素材ならでは。

1階は華道教室、2階は屋根の形状を生かしたスロープシーリングと、仕切りのない一体型LDKが開放的な空間が魅力です。

コストパフォーマンスと性能の高さが決め手に

飴色に変化した天然木が落ち着きのある空間を演出

新築時に白っぽい状態だったパイン材は飴色に変化し、ドアや巾木、窓廻り、天井の廻り縁など、味わいを増しているW様邸。「オープンな間取りながら、断熱に関して心配はありませんでした。実際にここに住んで10年以上経ちますが、新築時と変わらず、一年を通じてとても快適に生活しています。24時間全館暖房で、家のどこにいても温度差が無いので、冷やっとすることもありません」と話すW様。家を建てる際には、建築に必要とされる知識を初心者にもわかりやすく解説した雑誌を読み、自分なりに家のことを勉強したとも。

ナラのフローリングや優美なデザインの照明器具などこだわりを感じられるW様邸。「住宅メーカーの中には、決まりきった部材や設備のみを使用し、選択肢が少ないことが多々ありますが、セルコホーム函館は施主支給のものに関しても全く嫌な顔をすることなく、対応してくれました。個人輸入した照明器具は家の雰囲気にもよく似合っていて気に入っています」。

きちんと希望を伝えること

屋根の形状を生かしたスロープシーリング。開放的な空間が魅力。

スムーズな家づくりのためには、施主自らも家のことを勉強する必要があると話すW様。「暮らし方は人ぞれぞれ。プロにお任せできるところは信頼してお任せし、自分のこだわりや、叶えたいことなどきちんと口に出すことが大切です。さらに、出来るだけ無駄を省くことも大事。そのためには億劫がらずに自分でも調べてみること。正しい知識を持つことで、自分の想いを言葉で伝えやすくなると思います」と話します。

音楽を聴きながらゆっくりと過ごすことも多いというW様。「建築設計打ち合わせの段階で、それなりの重さのあるスピーカーを置く、床の補強工事のことを盛り込みました。床の強度、大きな空間のおかげで上質な音を楽しめています。どういう風に暮らしたいのか、どんなものを収納する可能性があるのかなどを伝えておくことで、快適な空間になるのだと思います」とアドバイスしてくださいました。

(取材日/平成30年2月下旬)

» お客様の声一覧へ戻る